定期借家契約とは?その特性      
                                             
        

不動産鑑定士による

     【教えて!不動産講座】
                                 

052-734-6387  
info※mirai-toshi.com
          (※を@にかえてください) 
有限会社未来都市調査                              
               
名古屋市千種区今池1-5-9オフィスイリヤビル5階               
                
TEL052-734-6387 FAX052-734-6388              
                               

                                                          
◆メルマガ(購読無料)

【人生とビジネスの成功に役立つ不動産知識源】

売買・相続に役立つ不動産知識を、経営と投資に役立つ不動産知識を、プレゼントします。


◆Facebook
  不動産鑑定士 福井將之

◆代表者ブログ
  「不動産アドバイザーは想う」

◆YAHOOブログ
    「借地権と借家権と底地」

不動産鑑定士とは
  公益社団法人
  日本本不動産鑑定士協会連合会

◆Facebook
  (有)未来都市調査

◆不動産価格を知る
   ザ査定・鑑定

















































































































































































【教えて!不動産講座】



定期借家契約とは?その特性



定期借家契約とは、建物の賃貸借において賃貸借期間の満了により、更新せず賃貸借が確定的に終了する賃貸借契約です。


1.契約方法


   @書面(公正証書等)による契約に限る


   A「更新がなく、期間の満了により終了する」ことを契約書とは別に、

     あらかじめ書面を交付して説明しなければならない。



2.更新の有無


   期間満了により終了し更新はない。



3.契約期間


   制限はなく、1年未満の契約も有効



4.賃料の増減


   特約によって、借賃増減請求権を排除できる。



5.借主からの中途解約


   @床面積200u未満の居住用建物で、転勤・療養・親族の介護その他のや

    むを得ない事情により、生活の本拠として使用することが困難となった借主

    からは、特約がなくても法律により中途解約ができる。


   A@以外の場合は中途解約に関する特約があればその定めに従う。



6.定期借家契約の活用方法


   @賃料の額を固定させたい


     賃貸人と賃借人の間で賃料の増減をめぐって、よくトラブルになるケース

     が見られます。

     こんなとき、特約で賃料不改定を定めておけば賃料の額を固定させること

     ができます。

     普通借家契約では、賃料を増額しない特約は有効ですが、賃料を減額し

     ない特約は無効です。



   A老朽化したアパートの活用


     あと5年ぐらいで建替えなければならないアパート。空室があるが、今から

     貸して、5年後に立ち退いてくれるかどうか?

     立退料を請求されるのではないか?

     でも空室のまま5年間ほかっておくのはもったいない。

     そんな迷いを持っている大家さんは多いと思いますが、そんなときも定期

     借家契約は有効です。

     期間満了により賃貸借契約は終了しますから、立退料もいりません。




     この他にも定期借家契約はいろいろなケースに活用できます。














その他の【教えて!不動産講座】




※【教えて!不動産講座】はどんどん講座を追加していきます。





《お問い合せ》

090-9121-9102(直通)

052-734-6387

メールでのご相談